ホーム > インプラント治療

インプラント治療

インプラントとは

歯を失ってしまった、抜けてしまった部分などの状態の際に、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
しっかりと顎に固定されるので、入れ歯のように金具が見えたり、合わなくなって痛くなったりすることがなく、まるで自分の歯のみたいに噛めるようになります。

こんな方におススメ!!
入れ歯でお悩みの方

今使用されている入れ歯、合ってますか?「硬い物が痛くて噛めない」「よく外れる」「違和感がある」など、よくあることですが、ちゃんと原因を突き詰めずに新しいものをつくっても同じことの繰り返しです。インプラントという治療方法があります。

歯周病やむし歯で歯を失ってしまった

当院ではできるだけ歯を抜かない治療を心掛けておりますが、抜歯を避けられないこともあります。そんな時には周りの残っている歯を守る為にも機能性、審美性に優れたインプラント治療はオススメです。

入れ歯は入れたくない方

入れ歯となると、老けた感じがして嫌だと思われる方は多いと思います。いつまでも若くいたいという方にもインプラント治療はお勧めです。

他の治療法との比較

治療法 インプラント
入れ歯
ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生 優れている(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れている(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨が痩せる なし やせる やせる事がある
手術 有り なし 少ない
診療形態 自由診療 保険診療(見栄えの良いものは、自由診療となります。) 保険診療(見栄えの良いものは、自由診療となります。)
治療期間 通常6〜24週間程度 2週間〜2ヵ月 2〜3週間

インプラント治療のメリット

①噛み合わせが安定し変わることがない
②違和感がなく自分の歯と同程度の機能や審美性を回復できる
③噛むことで骨が刺激され吸収を防止できる
④適切な手入れや観察を続けることで長く使うことができる
⑤残った歯が少なくても複数のインプラントを埋没することによって噛み わせを天然の歯と同程度回復できる

噛み合わせを天然歯と同じように回復することは、全身の健康にも有効であるとされています。噛み合わせの異常が原因となって全身に様々な症状が起こることがわかっており、「噛み合わせ症候群」ともいわれています。

インプラントによって噛み合わせを回復することで、このような状態を解消することが可能です。
また、歯周病が引き金となって起こる心疾患や脳血管疾患、その他の全身疾患も予防することができるともいわれていることから、インプラントのメリットは口腔内だけに留まらないといえます。

インプラント治療のデメリット

なくなってしまった歯と同じような機能や審美性を回復させる方法として、いまや一般的にも浸透してきたインプラントですが、必ずしもよいことばかりではありません。

もちろんそのメリットは何ものにも代えがたいものがありますが、しかし反対にデメリットも看過できないところであり、慎重に判断した上でインプラントを受ける必要があります。
そのためには、インプラントにおけるデメリットについて知っておくことも大切です。

  1. 外科的な手術である
  2. 治療期間が長い
  3. 保険が適用できないため費用がかかる
  4. 治療後の永続的なケアが必要

アクセス


大きな地図で見る
■住所
大阪市都島区毛馬町1-8-2

詳しくはこちら
携帯電話機のバーコードリーダーで読み取っていただくと、簡単にファインドクターをご利用いただけます。
http://fdoc.jp/welcome3.html?h_invi=1000602