ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という骨が溶けてしまう病気のことで、一般的には、プラークと呼ばれる歯垢が原因となって発生しますが、そのほかにもさまざまな原因があり、それらを総称して歯周病という病名が使われ ています。歯槽膿漏(しそうのうろう)という呼び方で通っていましたが、歯槽膿漏も歯周病の一環ととらえられており、現在では歯槽膿漏も歯周病と呼ばれる ケースが多くなっています。

歯周病予防

歯周病予防の基本は正しい歯磨きです!!
Point.1 プラークコントロール

歯垢(プラーク)は食事するたびに歯に付着しますので、虫歯予防と同様に、毎日または毎食後、歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に磨くことが重要です。
確実に除去することでプラークコントロールする事は可能ですが、すでに歯周病にかかっている方は、歯周ポケットが深くなっているため歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を歯医者で除去してもらわなければなりません。
歯磨きだけでは完璧なプラークコントロールは出来ないのが現実です。
プラークコントロールが確実にできているかによって歯周病になるリスクが決まるといっても過言ではなく、プラークコントロールする事によって歯周病をある程度予防する事ができ、歯周病治療を行っていくうえでもプラークコントロールは欠かせないものと言えます。

Point.2 正しく歯を磨く

歯磨きによってプラークコントロールがある程度可能となりますので、1にも2にも正しい歯磨きが何よりも大切なのです!

「磨いている」、と「磨けている」とは全く別のことです!!

歯周病の根本的な原因はプラークですので、歯磨きでプラークを除去すれば歯周病を予防する事ができますが、単に強く磨いたり、長く磨いただけでは歯や歯の周りに強力に付着したプラークを完全に除去する事はできず、プラークを除去しようと強く磨いた結果、逆に歯や歯肉(歯茎)を傷つけてしまうこともありますので
注意が必要です。

ではどのような歯磨き(ブラッシング)をすれば歯垢(プラーク)を確実に除去し、歯周病を予防できるのでしょうか?
これは歯医者さんに直接、指導してもらう事が一番です。口の中、歯並びは1人1人違いますので、その人に適した歯磨きの仕方も1人1人異なるからです。

Point.3 よく噛んで食べる

物をよく噛むということは非常に大切で、噛めば噛むほど唾液が分泌され、唾液によって細菌を洗い流してくれるため歯周病予防、虫歯予防、口臭予防に効果的となり、さらには噛むことによって満腹中枢が刺激され肥満、糖尿病予防にも繋がります。
硬い物を積極的に食べる、よく噛んで食べる習慣をつけるようにするだけでかなり効果的です!!

Point.4 生活習慣の改善
食生活の改善

歯周病は糖尿病と深く関わっていますので、糖尿病になりやすいような高カロリー、高脂肪、塩分、糖類が多く含まれている食事は避け、過度のアルコール、食べすぎ、偏食も控え、バランスの取れた食生活を心がける事が何よりも大切になってきます。
『この食べ物を食べれば歯周病が治る!予防できる!』
といったものはなく、大切なのは「ビタミン・カルシウム・たんぱく質・炭水化物」など、栄養バランスの取れた食生活を心がけることです!

十分な睡眠。ストレスの解消

睡眠不足になると人間の体は抵抗力が落ち、

『細菌に感染しやすくなる=歯周病菌に感染しやすくなる』

なり、歯周病へのリスクが高まってしまいます。
またストレスが溜まることで、身体にさまざまな悪影響を与えますので当然、歯周病にも大きく関係してきます。
睡眠時などに気付かないうちに歯ぎしりをしたり、歯を強く噛む事が多くなるため、歯周病の進行を早めてしまう事もあるのです!

忙しい毎日を送っている現代人は睡眠不足になりやすく、ストレスも溜まりやすいと思いますが、歯周病に限らず健康な身体を保つためにも十分な睡眠をとり、ストレスを溜めない、溜まったストレスは早めに解消するように心がける事が非常に大切なのです。

禁煙

たばこ(喫煙)を吸っている人は吸わない人に比べて『2~7倍』歯周病になるリスクが高いといわれており、さらにタバコは歯周病の症状を悪化させ、タバコを吸っている限り歯周病は治らないとさえ言われていますので、歯周病を予防し、完治させたいのであれば禁煙は避けて通れない道なのかもしれません。

適度な運動

運動不足は歯周病と関わりの深い糖尿病の原因ともなりますので、難しいかもしれませんが適度な運動を心がける事が歯周病予防にも繋がり、身体の抵抗力を高めてくれますので、間接的にも歯周病を予防する事に繋がるのです!

以上のように生活習慣を改めなければ歯周病を予防する事はもちろん、歯周病を治療しても治りづらく、例え歯周病が治った場合でも再発しやすいので、生活習慣を見直す事が非常に重要なのです!

こんな症状を感じる方は

などの症状がある時は、かなり歯周病が進行していると思われます。歯周病は口腔内だけでなく、高血圧、糖尿病、心臓病など全身の疾患を引き起こす原因にもなるので、お口の状態を良好にする事は健康維持にもなります。

歯周病の治療

ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。歯の表面や根の表面の歯垢歯石を機械で取除いたり、歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法をとることにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
大阪市都島区毛馬町1-8-2

詳しくはこちら
携帯電話機のバーコードリーダーで読み取っていただくと、簡単にファインドクターをご利用いただけます。
http://fdoc.jp/welcome3.html?h_invi=1000602