ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

どうしてむし歯になるの?

口の中にはたくさんの細菌がすんでいます。その細菌が歯の表面に付着し、歯垢(プラーク)が発生し歯の主な成分であるエナメル質を溶かし始めます。これがむし歯と言われるものです。プラークが発生しないようにきちんと歯磨きをしましょう。

つめものを入れた後に、水がしみるのですが・・・

すり傷もカサブタができれば水がしみなくなるように、歯のつめもの(インレー)にも神経をおおう層ができればしだいにしみなくなります。

神経はとる? 残す?

歯が痛むからといって簡単に神経を抜いてしまうのは問題です。歯も木の枝といっしょで神経を抜いた途端、枯れ枝の様にもろくなってしまいます。治療には多少の痛みをともなうことがありますが、神経を残せるものはできるだけ保存するように心がけています。

根の病気と治療(根管治療)について

むし歯菌が感染した神経や腐敗物などの感染源をきれいに取り除くために、リーマーという器具を使って、根管内を内部から拡大清掃し、きれいになった根管内をガッタパーチャなどの根充材(根管内を埋める薬)で封鎖していくことが根の治療です。根管は充分に消毒された後、完全に封鎖されることにより細菌の感染から守られます。根管は非常に細かく形も複雑なため、この治療には大変な時間と労力が必要です。歯を長持ちさせるためには、決してかかすことのできない重要な治療なのです。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
大阪市都島区毛馬町1-8-2

詳しくはこちら
携帯電話機のバーコードリーダーで読み取っていただくと、簡単にファインドクターをご利用いただけます。
http://fdoc.jp/welcome3.html?h_invi=1000602