根管治療

根管治療に関するこんなお悩みございませんか?

根管治療には、正確な診断と作業の精密さ・徹底性が欠かせません。以下のようなことでお悩みの方は、お早めにご相談ください。

  • 違う歯医者で虫歯治療を受けたが、その歯が痛みだした
  • 前に根管治療(歯の根の治療)を受けた歯が痛い
  • 被せ物をしている歯に痛みがある
  • 根管治療が受けられる歯科医院を探している
  • 「抜くしかない」と言われたが、抜歯は何とか避けたい
  • 虫歯が重度にまで進行してしまったが、インプラントや入れ歯にはしたくない

当院の根管治療のポイント!

CTによる精密な診断

CTによる精密な診断詳細な立体画像が得られるCT撮影により、通常は見つけられない痛み感染の原因を、正確に捉えることができます。

より安全で正確に早期治療が可能な根管拡大装置を使用

歯の神経、歯の根の汚れを除去する際に「根管拡大装置」を使用します。
柔軟性のあるファイル(針)が低速回転し、効率的な治療を可能にします。また、ファイルの破損も防ぎます。

超音波やレーザーを使用

超音波やレーザーを使用当院では、根管内のファイル(針)による清掃以外にも、超音波レーザーも活用します。
超音波により根管内に残った細かい汚染物質を浮かせ、洗い流します。また、殺菌効果、止血効果のあるレーザーの使用は、治療の安全性も向上させます。

ケースによりラバーダムを使用

ラバーダムは、薄いゴム製のシートです。
治療対象となる歯の周りをぴったりとラバーダムで覆うことで、治療する歯への唾液の侵入、細菌の感染を防止し、無菌的な治療を可能にします。
当院では、必要に応じて根管治療でラバーダムを使用し、感染防止を徹底しております。

歯髄炎と根尖性歯周炎

歯髄炎根尖性歯周炎が生じている場合、根管治療が必要になることがあります。

歯髄炎

歯髄炎虫歯が進行し、歯髄にまで到達すると「歯髄炎」が起こります。
元の正常な状態に戻らない「不可逆性歯髄炎」の場合には、根管治療が必要となります。

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎炎症が骨の中で起こっている状態です。
重度の虫歯から進行することもあれば、一度根管治療を受けた歯に起こることもあります。いずれも、根管治療が必要となります。

根管治療の流れ

1初診

診査・精密検査

診査・精密検査痛みなどの症状がある歯はもちろん、すべての歯の状態を確認します。
その後、必要に応じてレントゲン撮影、CT撮影を行います。

カウンセリング

カウンセリング診査・精密検査の結果をもとに、現在どういった状況で、どのような処置が必要であるかをご説明いたします。

応急処置

応急処置腫れ、痛み、出血などの応急処置を行います。

2根管治療開始

根管治療開始根管治療の開始です。
根管内の歯の神経、血管、汚れ、細菌などを取り除き、薬品にて洗浄・殺菌します。

3根管充填

根管充填膿、炎症などが起きていないかを確認した上で、根管に詰め物を詰めていきます。

4土台の形成

土台の形成ファイバーポスト(ガラス繊維の支柱)を立て、仮歯を装着します。

5経過観察

経過観察1か月後、3か月後、6か月後を目安にし、経過観察を行います。
その間に被せ物の設置が可能と判断されれば、被せ物の治療へと進みます。

6被せ物の設置

患者様のご希望に合わせた素材を選び、被せ物の作製・取付をします。
基本的には、これにて治療完了となります。