料金表

料金表

みやけ歯科医院では、明瞭な費用の提示を心がけております。ただし、お口の状態によっては、下記の基本的な価格に、別途料金が発生する場合もあります。
ご不明の点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

※全て税別表記となっております。

歯科ドック

当院おすすめの歯科ドック(歯の検診)は、虫歯や歯周病のリスク、口臭の原因など、お口全体をチェックします。

歯科ドック 5,000円

メタルフリーの詰め物・被せ物(セレック含む)

当院では、できるだけ金属を使用しないメタルフリー治療を行っております。

セレックブロック(インレー・オンレー) 40,000円~45,000円
オールセラミックインレー<e-max> 50,000円~55,000円
セレックブロック(クラウン) 65,000円
オールセラミッククラウン<e-max> 75,000円
ジルコニアクラウン 80,000円
ジルコニアセラミッククラウン 100,000円
ファイバーコア 15,000円~25,000円

その他の詰め物・被せ物

ゴールド(インレー・オンレー) 25,000円~50,000円
ゴールドクラウン 65,000円
メタルボンド 80,000円

ホワイトニング

当院では、スーパーポリリンホワイトニングを採用しております。

オフィスホワイトニング 初回 10,800円
LINE登録をしていただいた場合、2000円引き(8,800円になります)
オフィスホワイトニング 2回目以降 10,800円
ホームホワイトニング 片顎 18,000円
ホームホワイトニング 両顎 25,000円

ガムピーリング

歯茎の黒ずみを除去する方法です。

ガムピーリング 3,000円

入れ歯

オリジナルの入れ歯を丁寧に作製しております。

ノンクラスプデンチャー(一歯につき) 120,000円~
コバルトクロム(部分入れ歯) 200,000円
コバルトクロム(総入れ歯) 250,000円
チタン (部分入れ歯) 250,000円
チタン (総入れ歯) 350,000円
アタッチメント義歯(一装置につき) 50,000円
インプラントオーバーデンチャー(一装置につき) 100,000円

インプラント

まずは本当にインプラントが必要かどうかご相談ください。

精密検査・診断料 10.000円
インプラント埋入手術(1本に付き) 200,000円
上部構造 130,000円~
GBR(骨再生誘導法) 50,000円~100,000円

矯正治療

装置が目立たないマウスピース型矯正(インビザライン・イークライナー)がおすすめです。

相談料 5,000円
精密検査・診断料 5,000円
成人矯正 ブラケット矯正 750,000円~850,000円
マウスピース型矯正
(インビザライン)
軽度の場合:300,000円
中度の場合:500,000円
重度の場合:900,000円
マウスピース型矯正
(イークライナー)
軽度の場合(5ステップ):
初回診断料+215,000円
中度の場合(10ステップ):
初回診断料+510,000円
重度の場合(15ステップ):
初回診断料+625,000円
裏側矯正 応相談
部分矯正(前歯の矯正) 100,000円~300,000円
インプラント矯正 1本 50,000円
小児矯正(ZERO矯正) 398,000円~
調整料 3,000円~

お支払い方法

お支払方法は、以下の通りです。

  • 現金
  • クレジットカード(利用できるクレジットカードは下記となります)

※デンタルローンとは
患者様ご自身のクレジットカードを利用せずに、歯科治療費を分割でお支払できるローンシステムです。デンタルローン会社(スルガ銀行・アプラス)が、患者様と歯科医院の間に立ち、歯科治療費を一括で立替払いした上で、患者様はデンタルローン会社に分割で治療費をお支払していただけます。

医療費控除

1月1日から12月31日までの一年間で、患者様や患者様のご家族が支払った医療費の合計が10万円を超える場合、翌年の確定申告時に申請すると、年収に応じた医療費控除が受けられます。住民税にも反映され、減額されます。

医療費控除の対象になるもの(申告時に「医療費」として計算できるもの)

  • 保険診療の費用
  • インプラント治療、矯正治療、親知らずの抜歯、入れ歯、詰め物・被せ物の費用
  • デンタルローンを利用して支払った治療費(金利や手数料は除きます)
  • 通院に要した電車代、バス代、タクシー代(自家用車で通院した際のガソリン代、駐車場代は除きます)
  • 小さなお子様の付き添いとして、歯医者の通院に同行し、かかった交通費
  • 薬局やドラッグストアなどで購入した歯痛止めなどの代金

医療費控除額の計算方法

『医療費控除額(最高200万円)』
=『一年間の家族の医療費の合計』-『保険金などで補てんされる金額』-『※10万円』

※総所得が200万円未満の場合には『総所得の5%』を代入し、計算します。

なお、上記の式で計算した「医療費控除額」がそのまま返ってくるわけではありません。医療費控除額が分かったら、次の「還付金の計算方法」に代入して計算してください。実際に返ってくるおおよその金額が分かります。

還付金の計算方法

『還付金』=『医療費控除額』×『所得税率』

所得税率表(平成27年以降)

課税される所得金額 税率
195万円未満 5%
195万円~330万円未満 10%
330万円~695万円未満 20%
695万円~900万円未満 23%
900万円~1,800万円未満 33%
1,800万円~4,000万円未満 40%
4,000万円~ 45%

【例】年収が300万円で、一年間の家族の医療費の合計が50万円であった場合

①まず、医療費控除額を計算します。上記の「医療費控除額の計算方法」を見ると、
医療費控除額=50万円(一年間の家族の医療費の合計)-0円(保険金などで補てんされる金額)-10万円
であるため、医療費控除額は40万円となります。

②次に、おおよその還付金を計算します。上記の「還付金の計算方法」を見ると、
還付金=40万円(医療費控除額)×10%(所得税率)
であるため、所得税の還付金の目安は約4万円となります。さらに、住民税にも反映され、減額されます。

医療控除申請に必要な物

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 保険等で補てんされた費用がある場合には、その金額が明記されたもの
  • 申告者の口座番号
  • 印鑑
  • 医療費のレシート、領収書