ホーム > 一般歯科・予防歯科

一般歯科・予防歯科

みやけ歯科医院の治療方針

当院では治療に関して基本的に痛くない治療を心がけております。
新生児からお年寄りまで様々なケースに対応します。
また、お年寄りの方はご自分の歯の状態や治療内容の説明を忘れてしまわれることが多いですが、何度来られても同じ説明を何度もし、常に納得していただいてから治療に入っております。

予防歯科

日本は先進国の中で一番寿命が長いにも関わらず、歯の寿命は一番短いのが事実です。
その原因は、先進国では基本的に虫歯になる前から予防をきっちり行うのですが、日本だけがむし歯になってからの治療になってしまっているからです。
3ヵ月~半年に一回程度の頻度で通院し、定期健診や歯のクリーニングを受けていれば、治療に必要な医療費や時間を事前に削減することができます。
むし歯になってから治療するとなると、必要以上に時間がかかるケースが多く、長い場合は1年近く治療することもあります。

神経を抜く治療の場合は、一本でも数ヶ月もかかってしまうこともあります。
むし歯になるたびに何度も通院するより、予防のため定期的に通院して口内環境を作っていく方が、皆さまのためにもなります。
当院では治療よりも予防の習慣をお勧めします。

効果的なむし歯の予防

歯磨きで口の中を清潔に

当然のことですが、常に口内環境を清潔に保つためには最も効果的なのは、食後と就寝前にしっかりと歯磨きを行い、プラークをためないようにする予防法です。

効果的な歯磨きの一回当たりの目安時間は、およそ3分程と言われています。
プラークが一旦固まりだすと、通常の歯磨きだけでは除去することが難しくなります。
このような場合、歯科で歯のクリーニングをすることで蓄積された汚れを除去していきます。

歯ブラシでは届かない歯間などには、フロスを使用することで掃除力を発揮します。

また、歯並びが悪い部分や歯が重なっている部分などは、虫歯になりやすい傾向があるので、フロスなどを活用して、表面を綺麗に保てるように注意する必要があります。
このようなケアを継続的に行うことで虫歯の発生率を下げ、早期予防につながります。

最近では電動歯ブラシや超音波歯ブラシを使うことで、非常に効果的に清掃できるようになっています。
通常の歯ブラシでも時間をかけて正しく丁寧に磨きさえすれば、十分に効果は期待できるので問題ありません。

歯磨きはいつ行う?

歯磨きは欠かさず毎食後するのが理想的ですが、実際はなかなか難しいと思いますので、朝食後と就寝前の最低2回は、時間をかけてしっかりと歯磨きをしましょう。
また、食後は唾液が多く分泌されることによって細菌を洗い流してくれますので、食後1時間ほど時間をおいてから歯磨きを行うのが理想的といえます。

上記のように、正しい歯磨きやデンタルフロスを使用すれば歯垢を除去することは十分可能です。
しかし、完全に歯垢を 除去することは難しいケースが多いので、可能であれば2~3ヵ月に1回、最低でも半年に1回は定期健診を受けて、しっかりと検査してもらう事が重要です。

歯間ブラシ・デンタルフロス

歯磨きだけでは歯垢を完全に除去する事は難しく、歯と歯の間などに付着した歯垢は完全に除去できていない場合が多いため、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助用具を活用することをお勧めします。

PNTC

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科のスタッフが専用器具とペーストを 使用して、歯磨きだけでは落としきることのできない歯の表面の汚れ(ステイン)、歯垢(プラーク)を除去する方法です。

タバコやコーヒー、ワインなどの歯への着色が気になる方や、口臭が気になる方に特にお勧めです。
PMTCによりツルツルに磨かれた歯の表面は、歯垢が付着しにくくなるので、虫歯予防にも効果的です。
また、歯の着色が取り除かれ、歯の白さを取り戻すことで審美効果もあります。

レーザー治療

レーザー治療は、近年普及している治療法で、痛みや出血がほとんどなく、殺菌効果もあります。 

レーザーを歯周ポケット内に照射することで細菌性の毒素を取り除いたり、歯肉に沈着したメラニン色素を除去したりする目的で使用されています。

むし歯が進行しにくい食生活

間食を控える

初期の虫歯は、唾液などの働きによる再石灰化で自然に修復されますが、1日に3食以外の間食が増えれば、この石灰化の修復が遅れてしまい、虫歯の進行を後押しすることになります。

就寝前の飲食を控える

就寝直前の飲食は、唾液による自然修復が完了されず、眠っている間は唾液分泌が低下するため、虫歯が最も進行する時間帯です。
就寝前の飲食は、虫歯を促進させることになりますので、できるだけ控えるようにしましょう。

歯に良くない食べ物とは

一般的に炭水化物は当然ですが、炭酸飲料や糖類も歯に悪影響を及ぼすとされています。
糖がプラークに付着すると、ミュータンス菌という酸を作り出します。
歯が糖に接触した時間の長さや摂取した量が問題になります。
糖類の摂取後は、うがいや歯磨きでしっかりと清掃することで予防できます。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
大阪市都島区毛馬町1-8-2

詳しくはこちら
携帯電話機のバーコードリーダーで読み取っていただくと、簡単にファインドクターをご利用いただけます。
http://fdoc.jp/welcome3.html?h_invi=1000602