歯科ドック

お口の中がホントによく分かる!!
オーダーメイドの歯科ドック

歯科ドック歯科ドック

人間ドックならぬ歯科ドックで歯の健康診断を!

人間ドックならぬ歯科ドックで歯の健康診断を!当院では、人間ドックのようにお口全体を診る歯の検診「歯科ドック」を実施しております。
普段、このようにいくつかの検査を一度に受けられる機会はほとんどありません。

  • 特に悪いところはないけれど診てもらいたい
  • 定期的にお口全体を診てもらい予防に努めたい
  • 健康だと思うけれど、もっと健康なお口にしたい
  • 虫歯になりやすい、歯ぐきの腫れや出血が起こりやすい
  • 一度に全部に診てもらって安心したい

という方は、ぜひご利用ください。

歯科ドックで何が分かるの?

歯科ドックでは、カウンセリング、唾液検査、口臭検査、顕微鏡(歯周細菌)検査を行います。
その結果から、虫歯や歯周病のリスク、口臭の原因などを含めた、お口全体の健康状態を把握することができます。
その上で、必要な指導、治療を行います。多角的な検査となりますので、より適切な指導と治療のご提案が可能になります。

当院の歯科ドックプログラム

1、カウンセリング

まずはカウンセリングにて、歯科ドックの内容のご説明をさせていただきます。
また、患者様が現在気になっていること、お悩みになっていることなどをお話しいただきます。些細なことでもお気軽にお伝えください。

2、唾液検査

唾液の量、唾液の機能(酸性を中性にする力)、含まれる細菌量と種類などを知ることができます。
各項目で異常が見られれば、一つ一つについて、その疑われる原因をお伝えします。

3、口臭検査

口臭測定器により、口臭の強さを数値化し、強い口臭となっている場合にはその原因を探ります。
原因別に、対処法をお伝えします。虫歯や歯周病などの病気が原因の場合には、その治療が必要になります。

4、顕微鏡(歯周細菌)検査

プラーク内の細菌の数、種類、活動性などを検査します。
必要に応じて、歯周病の治療を行うことがあります。

歯科ドックの料金は5,000円(税別)

カウンセリングを含む、唾液検査、口臭検査、顕微鏡検査をまとめて、5,000円にて受診して頂けます。
当院オリジナルのメニューですので、ぜひお試しください!

検査結果後に行うこと

検査後、必要に応じて以下のような改善・処置を行います。

生活習慣の見直し

生活習慣の見直し食べ物や飲み物、間食の内容や摂取のタイミングをはじめとする、生活習慣全般の見直しに取り組んでいただきます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導正しく磨けていない箇所を指摘し、患者様のお口に合ったブラッシング法をアドバイスさせていただきます。また、ブラッシング以外の、ご自宅でできる効果的なオーラルケアのご提案もいたします。

PMTC

PMTC専用の器具を用い、ブラッシングでは除去しきれない汚れ、プラーク、歯石を除去し、虫歯や歯周病になりにくい環境を整えます。

スケーリング

スケーリング特殊な器具を使用し、歯石を取り除きます。歯石は汚れやプラークが付着しやすいため、スケーリングを受けることで虫歯・歯周病を予防できます。

フッ素塗布

フッ素塗布歯質を強化し、再石灰化を促すフッ素を、歯に直接塗布することで虫歯を予防できます。

ホームケアグッズのご提案

ホームケアグッズのご提案ホームケアの実践のため、歯ブラシ、歯磨き剤、舌ブラシ、歯間ブラシ、フロス、デンタルリンスなどをご用意しております。目的に合わせてお選びいただけるよう、多種ご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

歯科ドックの流れ

1カウンセリング

カウンセリングまずは、歯科ドックの役割、内容についてご説明させていただきます。
その上で、患者様のお悩み・ご不安をおききします。「こんなこときいていいのかな?」といったご遠慮はなさらずに、何でもお尋ねください。

2歯科ドック

歯科ドック唾液検査、口臭検査、顕微鏡(歯周細菌)検査を行います。
虫歯、歯周病、口臭をはじめとした、お口全体のリスクを調べることができます。

3検査結果ご報告

検査結果ご報告歯科ドックの検査結果をご報告いたします。
できるだけ専門用語を使わずに、数値などを示しながら分かりやすいご説明を心がけておりますが、ご不明の点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

4必要な治療・予防処置の実施

必要な治療・予防処置の実施歯科ドックの結果を受け、必要な治療、またより良い口内環境を整えるための予防処置を実施します。
患者様のご同意を得た上で行いますので、ご安心ください。

5治療後カウンセリング

治療が済んだ後、改めてカウンセリングを行います。今後の生活で気をつけていただくこと、お勧めする予防法などのアドバイスを行います。
これにて歯科ドックは終了となりますが、定期的に検診を受けていただき、よりリスクの少ない口内環境へと整えていくことをお勧めします